じねんミーティング 2017/02

○本イベントの概要
栃木県宇都宮市で 2017年01月から毎月最終火曜日の 19時から 21時30分までまちぴあで開催される定例ミーティングです。

○参加して欲しい人
じねんに入っている方は、友達でじねんに入ってほしい人を誘ってきてください。

じねんに入っていない方は、じねんのメンバーと取引したいことがあれば、じねんに参加できます。

その他に
・現在の法定通貨になんとなく疑問を感じる方。
・資本主義や経済のことを勉強したい方、一緒に勉強しましょう。
・パーマカルチャーを勉強したい方
・じねんを使って、何かを交換したい方

など、広く参加者を募集します。

○このプロジェクトの意味
交換手帳じねん(自然)は、現在のお金が潜在的に持っている機能的矛盾という未解決問題を解決することを目指すプロジェクトです。

お金には、交換の機能、貯蓄の機能、投機の機能などがあり、これらは、互いに矛盾するとミヒャエル・エンデ(ドイツの童話作家)は、1990年代に指摘しています。

エンデは、このお金が持つ矛盾によって、環境、貧困、戦争、精神の荒廃などの問題が起きていると指摘しています。

交換手帳じねんでは、交換の機能のみをもつ通貨をじねんと言っています。

交換手帳じねんのシステムは、LETS方式といわれるもので、トランジションタウン藤野の萬と同じものです。

https://docs.google.com/viewerng/viewer?url=http%3A%2F%2Fzinenn.org%2Fwp-content%2Fuploads%2F2017%2F01%2Fシステム概要.20170131.001.pdf

○今回の会の内容【ミーティング案】
①前回のミーティングのおさらい
②give me give youのマッチング作業
③じねんで提供出来るものを持ち寄って「じねんプチマルシェ」開催。
④じねんの登録事務

○イベント参加登録

ATND (Non facebook)
https://atnd.org/events/85703

Facebook
https://www.facebook.com/events/1338412086204493/

はじめまして!

 

2015年12月25日の満月の夜に誕生しました、トランジションタウン栃の木~Transition Town Tochinoki(TTT)~です。

どんなコミュニティ?
市民一人一人が持つ創造力を持ち寄って、自然と人が共生する循環型の暮らし創りを目指すコミュニティです。

どんなことをするの?
ロケットストーブを使ったアウトドアキッチン、パーマカルチャーのお話会、ご飯のシェア会交流会、自然な農やフォレストガーデン創り、地域通貨による「くるくる交換会」、チクチク縫い縫い、糸紡ぎや竹チャルカ、竹籠作りワークショップなどなど、身の周りに既に溢れている豊かな資源に注目して、そうした資源をみんなで活かし合える暮らしの文化を育んでいきます。

トランジションタウン運動とは?
トランジションタウン運動は、世界中の持続可能な暮らしの智慧を集めてPlanet Repair(惑星の修復)を目的とした関係性のデザインを体系化した「パーマカルチャー」と呼ばれるデザイン思考の講師、ロブ・ホプキンスが、2005年秋イギリス南部デボン州の小さな町トットネスで立ち上げ、瞬く間にイギリス全土、欧州各国、北南米、オセアニア、日本など世界中に広がった市民主体による草の根運動です。
日本では、様々な地域で約46のトランジションタウン活動団体が立ち上がっています。

トランジションタウン運動とは?(NPO法人トランジション・ジャパン)
トランジションの12ステップ(NPO法人トランジション・ジャパン)

「トランジションタウン栃の木」も、栃木県内外で持続可能な循環型の暮らし創りに取り組む人々と繋がりながら、楽しく学び合える暮らしを創造していきます。

よろしくお願いします。